「人」へのこだわり

よし田では「人」に対して妥協しません。

一番大事な事は飲食人に取って何でしょうか?
料理の技術?マニュアルに捉われた知識?接客レベルの底上げ?
勿論全て大事ですが、その道のプロで有る以上、
「人間性」が一番大事で有ると考えます。

その為によし田では、
人として何よりも大切な『挨拶』『礼儀』『感謝の心』を
強く訴え続けております。

そういう人間性豊かな人が作る料理こそ本当に美味しいと思っています。

そういった大切な事を理解した上で覚える
『料理』『知識』『接客』には心が通い、
お客様への感動を生み出せると信じております。

私の好きな言葉の1つに

【心が変われば行動が変わる】
【行動が変われば習慣が変わる】
【習慣が変われば人格が変わる】
【人格が変われば運命が変わる】

星陵高校野球部 山下監督の言葉です。

よし田の門をくぐった人には今後も人間性の大事さを
教え続けていきます。

「モノ」へのこだわり

よし田ではモノにもこだわります。

モノと言っても高価な調理器具を揃えたり、
最高の材質を使ったテーブルを揃えると言った意味では御座いません。
人へのこだわりでもお伝えした「心」を大事にモノへの感謝を忘れません。

魚一つとってもそこには色んな人の想いが詰まっています。
漁師が色んな下準備をして荒波に飲まれながらも魚を捕り、
朝早くからそれを運ぶ人がいて、市場で目利きが行われ、
ようやく私たちの元へ辿り着きます。
それらの人々に感謝し、
料理する事でその食材や料理が2倍、3倍にも美味しくなり、
お客様の笑顔をようやく見る事が出来ます。

店舗にしても機材にしてもお酒にしても色んな方々の想いを感じ、
その事に思いを馳せて接する事で愛情を持って携わる事ができると思います。


私は16才でこの世界に入り、34才で独立し17年が経ち、現在に至ります。
色々な職人をこの目で見てきました。
大きな事は言えませんが、よし田はフィルターのような役割をできればと思っています。

色々な職人が集りよし田で経験する事で心が変わり
そして最後には自分の運命すら変えられて
よい人生を歩んでほしいと願っています。

それが私の願いという理念につながっているのです。

社長ブログ